SHIINBLOG

おっさんの趣味の部屋

ゲームとか工作とか、おっさんの好きな事を書いてます。

おまかせ広告

オセロニア 攻略・オセロ練習アプリ

f:id:azteca25jp:20180220220414p:plain

こちらのアプリ、オセロニアしてる人なら知ってると思いますが

もしかしたら知らない人いるかもしれないので。

攻略記事はあてにならなと思う。人の記事とかたまにかいてあります

攻略でみるなら

オセロニア攻略Wiki|ゲームエイト

有名なサイトです。他のゲームも攻略してます

キャラ・イベント攻略・デッキ編成

ほとんど気になることは見れます。

解りやすい画面ですし人気あるの解ります

 

今回紹介したアプリですがキャラに関しては役に立つ

それともう1つ

f:id:azteca25jp:20180220222025p:plain

オセロの練習が出来ます。

一人でやるのですが、感心したのが

手を戻せる。置いたときに次置ける場所がわかります。コンボの場合は赤に

なります。これは実戦でも同じ

もしも4通りほど置く所があるとして置いたが・・他に置いたらどうだろう

・・と思ったら戻せば違う所に置けれます

 

自分でやるので一人オセロですが練習にはなるとおもいます

 

 
にほんブログ村

オセロニア 上に行きたくば俺の屍を超えてゆけ

本日もミラティブでの訪問・観覧ありがとうございました

バトルしてくださった方もありがとうございます

 

本日はですね、いろいろためしてました

 

メインで練習してるのがX打ち

オセロニアではX打ちは定石なんですが

どこで仕掛けるかが重要と最近思う

 

主にと思うがXは竜デッキに効果があります

短時間で勝負を決めれる破壊力の竜デッキ

 

でもX打ちは竜だけではないです。毎回Xを切れなくするのは至難の業自分のパーティーにいる駒でコンボスキルが優秀だがXができない

 

とか良くあると思う。オセロニアで一番気にすることはなにか?

人それぞれだけど自分は相手のコンボルートを読む力と思う

一言にコンボルートを読むと書いたけど

置かれてから考えるのは遅い。これだと読み負けがおきやすい

 

おっさんも下手だから基本勝つより負けが多い

特にクラスマッチではなんとかプラチナ3にいるが(今は下がらないし)

実力は下、良くてゴールド3ほどと思う

 

運・手駒の牌パイ・読み勝ちでいまにいる感じです

 

自分が本当に良く思うことは

 

ゴールドとプラチナの壁は厚い

コストもあるけど、対戦者のレベルが違います

ゴールドで通用してた自分の打ち方が出来ない

先を読めない

 

こんなのはザラです。負けまくって実感してる

打ち方の一つに無意識・偶然のX打ちの場面あると思います

なりやすいけど、特に序盤で相手・自分・相手

この時に早い段階で角を取れます。

問題は次の一手

相手がXなら角は取れるが最近は打ち方が多いのがXにしないで他に置く

そして気がついたら角を取られてる・・・

そうなると多いのが

周りを取られ自分の駒は真ん中に集まる

こうなるとお手上げです

そこで思ったのがX打ち

X打ちの構えを出すと相手はどう出るか、自分がやりたいX打ちに相手を誘導できるか・・そんな事を考え最近やっています。

 

でも良くあるのが

 

自分で誘導したつもりが後一手の手前で潰され、逆転される

ただのオセロやないから一手が命取りになります

 

実はオセロニアは1ヶ月で辞めるつもりでした

友達との対戦に向けてキャラを育成して終わったら辞めるつもりでやってたが

まだしてます(笑)

 

個人的にパズルゲームは苦手なので好まないが、普通じゃないパズルゲームは好きみたいですね。

明日もがんばるか・・

明日はどんな人とバトルできるか、どんな手法で戦うのか

楽しみです

 

長文になりましたが終わります。

 

 

 
にほんブログ村

Arcaea 日本語にするには

f:id:azteca25jp:20180219221501p:plain

いろいろ調べて解りました。まずは左下のMOREを選択

すると画面が変わり

f:id:azteca25jp:20180219221613p:plain

そして右の真ん中Languageを選択

すると

f:id:azteca25jp:20180219221748p:plain

これで日本語の選択ができます

 

日本語になりいろいろ解りました

曲の解禁方法とかも昨日まで英語だったから意味不明

でも日本語になり少しは解ってきた。

課金もできるみたいだけど、とりあえず無課金で解禁できる曲を頑張る

 

普通にググればでてきたけど解らない人いたら参考に

 


にほんブログ村